納付書などにおける年度の表記

 

新元号「令和」が発表され、5月1日に改元が行われます。同日以降に市から発行する文書は、新元号を用いることになりますが、コンピューターシステムの都合上、市から発行する納税通知書、納付書、証明書などの一部は、年度が「平成」表記になります。

 

「平成」と表記されていても、法律上の効果は何ら変わることはありませんので、ご安心ください。また、改めて新元号での納付書などの発行は行いませんので、新元号に読み替えていただきますよう、ご理解とご協力をお願いします。

 

 改元に伴って市役所やその他の公的機関から、市民の皆さんに手続をお願いすることは基本的にありません。改元に便乗した詐欺などには充分ご注意ください。

更新日:2019年05月01日