国民健康保険高齢受給者証について

1、70歳~74歳の人には高齢受給者証をお渡ししています

国民健康保険に加入している70歳から74歳までの人は国民健康保険証と高齢受給者証を病院に提示して診療を受けることになっています(74歳以下の人で後期高齢者医療制度に該当している人は除きます)。

  • 高齢受給者証は70歳の誕生月(1日が誕生日の人はその前月)に送付しています。病院で使っていただくのは誕生月の翌月(1日が誕生日の人は誕生月)の1日からになります。
  • 高齢受給者証の有効期限は7月31日までとなっています(7月31日以前に75歳の誕生日を迎える人を除く)。
  • 令和元年8月1日以降は、これまで別々にお送りしていた「被保険者証」と「高齢受給者証」が一体化され、医療費の自己負担割合が記載された「被保険者証兼高齢受給者証」となります。8月1日以降の新しい証は、7月中に送付します。

2、高齢受給者証の負担割合について

高齢受給者証には前年の所得に応じて2割(70歳の誕生日が平成26年4月1日以前の人は1割)もしくは3割のいずれかの負担割合が記してあります。

現役並みの所得がある人…3割負担

同一世帯に、住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者がおり、その該当者の年間基準所得額が210万円を超える人。ただし、その該当者の収入の合計が、2人以上の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満である場合、市役所に申請すると2割負担(もしくは1割負担)になります。

申請される場合の必要書類等

収入を証明するもの、国民健康保険証、高齢受給者証、印鑑

現役並みの所得がある人以外…2割(1割)

  • 昭和19年4月1日以前生まれの人…1割
  • 昭和19年4月2日以降生まれの人…2割

3、負担割合の変更について

 70歳から75歳未満の人(現役並みの所得の人を除く)の窓口負担割合が平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える人から2割になることになりました。

 本来70歳から75歳未満の国民健康保険被保険者の窓口負担は、法律上2割となっていますが、現役並みの所得がある人以外は、国の特例措置でこれまで1割負担となっていました。今回の制度改正は公平な仕組みとするために特別措置が見直されたことによるものです。

 見直しに当たっては、高齢者の生活に大きな影響が生じることがないよう、平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える人から段階的に実施されることになりました。

 現役並みの所得がある人はこれまでどおり3割負担です。

この記事に関するお問い合わせ先
保険年金課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-1807(国民健康保険係)
電話:077-551-0361(高齢者医療係)
電話:077-551-0316(福祉医療係)
電話:077-551-0112(年金係)
ファックス:077-553-0250
Eメール
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2019年04月26日