食肉による食中毒予防について

食肉による食中毒予防についてお知らせします。

 食肉は、「新鮮イコール安全」でありません。

 牛、豚、鶏などの家畜の多くが腸内に腸管出血性大腸菌、カンピロバクター、サルモネラ属菌などの食中毒菌を保菌しているため、処理の過程で食肉が汚染されている可能性があります。

 食中毒予防のために、ユッケ、レバ刺し、鶏刺しなど食肉を生で食べないようにしましょう。

 食肉に付着した食中毒を起こす細菌は、75℃1分以上の加熱で死滅しますので、十分に加熱して食べましょう。

 また、調理するときは、専用のトングや箸を使い、食べる箸と分けましょう。

 生肉を取り扱った包丁やまな板、器具、手指は、その都度十分洗浄し、消毒を行いましょう。

 食肉を冷蔵庫で保存するときは、他の食品にふれないようラップをするか、容器に入れて保存しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先
健康増進課
〒520-3015
栗東市安養寺190
電話:077-554-6100
ファックス:077-554-6101
Eメール
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2017年06月06日