保育標準時間・保育短時間について

子ども・子育て支援新制度における「保育標準時間」と「保育短時間」

 平成27年度4月からスタートした「子ども・子育て支援新制度」では、保育園や幼稚園などを利用される場合、保育の必要性の有無や保育の必要量について認定(「支給認定」といいます。)を受けていただくことになります。

 保育の必要性が認定された場合は、さらに保育の必要量に応じ、「保育標準時間」または「保育短時間」に区分されます。

3つの支給認定

  • 1号認定(教育標準時間認定) ・・・ 満3歳以上の小学校就学前子どもであって、2号認定以外の子ども
  • 2号認定(保育認定) ・・・ 満3歳以上の小学校就学前子どもであって、保育を必要とする子ども
  • 3号認定(保育認定) ・・・ 満3歳未満の保育を必要とする子ども

保育の必要量に応じた区分

 2号、3号認定については、保育が必要な時間によってさらに「保育標準時間」と「保育短時間」に区分されます。

  • 保育標準時間認定(1日あたり最長11時間) ・・・ 主にフルタイム就労を想定した利用時間
  • 保育短時間認定(1日あたり最長8時間) ・・・ 主にパートタイム就労を想定した利用時間

平成29年度から保育時間が変わります

 栗東市では、平成15年度より乳幼児保育総合化を実施し、子育ての現状に応じた保育時間(保育課程)を選択できるようにしてきましたが、平成29年度から、子ども・子育て支援新制度にあわせ、次のとおり改正を行います。

主な改正内容

  • 選択制から、認定制度に変わります。
  • 市立保育園、幼児園(中時部)の保育時間が、「保育短時間認定」になり、午前8時から午後4時までに変更されます。
  • 「保育短時間認定」を受けた方が、就労時間等により、これまでどおり午前7時30分から保育を希望されるときは、延長保育料が必要になります。
  • 法人立園でも、「保育短時間認定」を設けます。「保育短時間」の保育時間は、園により異なります。
  • 「保育短時間認定」を受けた方が、各園が設定した「保育短時間」を超えて保育を利用されるときは、延長保育料が必要になります。

平成28年度まで

保育課程から選択

保育時間 (平成28年度)
保育課程 保育時間 利用できる施設
短時間保育課程 午前8時30分~午後2時

市立幼稚園・市立幼児園(短時部)

中時間保育課程 午前7時30分~午後4時

市立保育園・市立幼児園(中時部)

長時間保育課程 午前7時30分~午後6時30分

市立保育園・市立幼児園(長時部)

長時間保育課程 午前7時~午後6時

法人立保育園

平成29年度から

保育の必要性の有無、保育の必要量に応じて認定

保育時間(平成29年度)
支給認定

保育の必要性

保育の必要量 保育時間 利用できる施設

教育認定

(1号認定)

なし 教育標準時間 午前8時30分~午後2時

市立幼稚園・市立幼児園(短時部)

保育認定

(満3歳以上 2号認定)

(満3歳未満 3号認定)

あり 保育短時間

【市立園】

午前8時~午後4時

法人立園

園により異なります

市立保育園・市立幼児園(中時部)

法人立保育園

 

保育認定

(満3歳以上 2号認定)

(満3歳未満 3号認定)

あり 保育標準時間

【市立園】

午前7時30分~午後6時30分

【法人立園】

午前7時~午後6時

市立保育園・市立幼児園(長時部)

法人立保育園

太字が改正箇所です。

保育の必要量区分について

 就労や疾病など保育を必要とする事由ごとに、保育の必要量(保育標準時間・保育短時間)の区分が定められています。

 就労を理由とする場合の保育必要量は、次のとおりです。

就労時間の目安と保育必要量
就労時間(保育の必要性) 保育の必要量 保育時間
1か月あたり64時間以上120時間未満 保育短時間

1日あたり最長8時間

(市立園の場合、午前8時~午後4時)

1か月あたり120時間以上 保育標準時間

1日あたり最長11時間

(市立園の場合、午前7時30分~午後6時30分)

  • 就労時間は目安で、通勤時間も考慮して認定します。
  • 就労時間が「保育短時間」に該当する場合でも、保育を必要とする時間帯が各園が定める「保育短時間」を超えるときは、「保育標準時間」とすることがあります。

詳しくは、入園申込書類をご覧ください。

平成29年度4月からの入園申込書類は、平成28年9月中旬に掲載します。

この記事に関するお問い合わせ先
幼児課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所3階
電話:077-551-0424(保育園係、保育指導係、民活推進係)
電話:077-551-0129(施設係)
ファックス:077-551-0149
Eメール
みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2017年05月16日