行財政改革市民検討委員会が検討結果を報告

 本市が抱える行財政改革の諸課題について、市民的な観点から検討するため平成23年8月、「栗東市行財政改革市民検討委員会(座長・新川達郎同志社大学大学院教授)」を設置しました。

 同委員会は、市のさまざまな分野で活動されている10人の委員により構成。平成24年度は、4回にわたり歳入増加策や公共施設等のあり方などについて慎重に議論がされ、平成25年3月21日、その報告を市長にされました。

 報告では、課題解決の方向性について提案がされています。市では、今後の市政運営に生かしていきたいと考えています。

委員会開催時期と検討対象事業等

第1回 平成24年7月6日

  • 「『(新)集中改革プラン』の平成24年度予算反映状況」について
  • 「平成23年度個別案件意見に対する内部検討結果」について
  • 「歳入増加策(ふるさと納税制度の活用等)」について

第2回 平成24年10月10日

  • 「農林業技術センターのあり方」について
  • 「庁舎等の活用方策」について

第3回 平成25年1月22日

  • 「農林業技術センターのあり方」について(継続)
  • 「くりちゃんバス運行のあり方」ついて

第4回 平成25年3月21日

「検討結果報告書」について

新川座長(左)から報告書を受け取る野村市長(右)
この記事に関するお問い合わせ先

元気創造政策課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所3階
電話:077-551-1808(政策企画係、総合調整係、改革推進係、馬事業企画室)
ファックス:077-554-1123
Eメール

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2017年06月02日