近代化事業奨励金

市内の中小企業者で組織する団体が中小企業の振興と近代化を図るために行う近代化事業に対してその施設に要する費用を助成します。

1.店舗(スーパーマーケット、寄合百貨店、専門店)

補助金

総事業費の1割。最高限度額300万円。1年のみ

条件

  • 事業参加者の80%以上が市内に5年以上居住し、かつ事業を5年以上営んでいるもの
  • 事業の参加者は、5人以上とし、共通の利益を確保していること
  • 市税を完納しているもの

2.事業協同組合による共同化、協業化を促進する事業、近代化設備等の導入事業

補助金

  • 共同化、協業化を促進する事業:事業費の2割以内。最高限度額50万円。補助期間3年以内
  • 近代化設備等の導入事業:事業費の2割以内。最高限度額150万円。補助期間当該年度のみ

条件

  • 事業の参加者は5人以上とし、共通の利益を確保していること
  • 市税を完納しているもの
  • それぞれの事業においての補助金は、各団体とも1回限りとする

関連資料ダウンロード

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光労政課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13-33 栗東市役所2階
電話:077-551-0236(商工振興係、観光振興係)
電話:077-551-0104(労政・就労推進係、企業誘致・地域経済振興係、東部開発整備係)
ファックス:077-551-0148
Eメール

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2017年06月09日