新型コロナウイルス感染症に関する市の緊急経済対策

利子補給金制度の創設

新型コロナウイルス感染症の影響により、売上げが減少した市内中小企業・小規模事業者の資金繰りが非常に厳しい状況となっていることから、経営の安定化を図るために、本市独自の緊急支援策として利子補給金制度を創設します。

現在の概要は次のとおりです。詳細が決まり次第、ホームページで公表します。

制度名

(仮称)栗東市利子補給金制度(滋賀県融資制度「セーフティネット資金」)

対象となる融資

滋賀県中小企業振興資金における融資制度のうち、セーフティネット資金<新規枠・借換枠>

対象者

市内に事業所があるもの。法人にあっては、事業所の登記が市内にあるもの。

制度開始

令和2年4月1日から

補給内容

毎年支払い済み利子の一部(1.0%以内)を利子補給します。ただし、上限額は1年当たり15万円(1事業者につき)を限度に、予算の範囲内で補給します。

補給期間

36ヶ月を限度

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光労政課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13-33 栗東市役所2階
電話:077-551-0236(商工振興係)
ファックス:077-551-0148
Eメール

更新日:2020年03月18日