新型コロナウイルス感染症にかかる要介護認定の臨時的な取扱いについて

厚生労働省老健局より、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から面会が困難な場合においては、要介護認定及び要支援認定の有効期間を、従来の期間に新たに12ヶ月までの期間を合算できることとなりました。
 本市では、要介護等認定調査が困難な方の申出により、要介護認定の有効期間を12か月延長します。

通知文(PDF:113.4KB)

 

1.対象者

(1)介護保険施設や病院等が入所者との面会禁止措置を取り、要介護認定調査の実施が困難な方

(別紙1)(PDF:310.4KB)

(2)新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止を図る観点から面会が困難な方

(別紙2)(PDF:293KB)

 

2.延長する期間

今お持ちの要介護・要支援認定有効期間を12か月延長します。

 

3.提出書類

(様式3)新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間合算申出書(ワード:16.4KB)

 

4.介護保険施設等からの提出書類

(様式1)取扱開始申出書(ワード:14.5KB)

期間延長対象者リスト(Excelブック:11.9KB)

(様式2)取扱解除申出書(ワード:12.9KB)

 

5.注意事項

◆区分変更申請・新規申請については、上記臨時的な取扱いの対象ではありません。

◆今後、国からの通知により、上記の取扱いが変更となる場合があります。

 

6.厚生労働省からの通知

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(PDF:36.3KB)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その2)(PDF:73.6KB)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その3)(PDF:67.4KB)

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて(その4)(PDF:38.7KB)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

長寿福祉課(介護保険担当)
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-0281
ファックス:077-551-0548
Eメール

更新日:2020年04月22日