市営住宅等入居者における家賃の徴収猶予について

新型コロナウイルス感染症拡大に係る市営住宅等入居者における家賃の徴収猶予について

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い収入が減少した入居者について、栗東市営住宅管理条例第11条第1項第4号に定める「特別の事情」に該当するものとして、家賃の徴収猶予を認めます。

この措置は、新型コロナウイルスに関連する収入の減少によるものであることから、同ウイルスの感染拡大が収束するとともに、社会経済活動が復旧するまでの間、徴収を猶予するものです。

家賃の徴収猶予は、家賃等を減免するものではなく支払いの請求を行わないものであることから、猶予の期間、家賃は累積することとなります。このため、滞納額が過度に増加しないよう、生活を圧迫しない範囲での支払いや、分納誓約等による計画的な支払いをお願いします。

申請書類について

添付書類として、以下の書類が必要となります。

・新型コロナウイルス感染症の影響により納付が困難となったとわかる書類
(例)離職証明書、給与明細書

この記事に関するお問い合わせ先
住宅課(住宅)
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13-33 栗東市役所2階
電話:077-551-0347(住宅係)
ファックス:077-552-7000
Eメール(住宅係)

更新日:2021年04月05日