防犯情報(令和元年10月10日)警察官や放送局員をかたる詐欺電話が連続発生中!

 本日(10月10日)、東近江市内で警察官をかたる詐欺電話の発生が連続発生しています。
 また、甲賀市内では放送局員をかたる詐欺電話も連続発生しています。

【ニセ警察官の場合の手口】
○「犯人グループを捕まえた。押収した名簿にあなたの名前がある。」
○「被害があるか確認する必要があるため、あなたの持っている通帳を教えてください。」
○「確認する必要があるため、こちらでカードを預かります。」
等の騙し文句でキャッシュカードを自宅まで取りに行きます。
※警察官がキャッシュカードを自宅まで取りに行くことはありません。

【ニセ放送局員の場合の手口】
○「番組制作の関係で調査しています。」
○「家族構成を教えてください。」
○「一人暮らしですか。家族と同居していますか。」
等とニセ調査で騙せそうな相手を検索します。

【被害防止対策】
●電話機には
・留守番電話に設定する
・警告機能がある機器を利用する

●不審な電話の相手には
・自分の個人情報(口座残高や暗証番号)は絶対に言わない。
・カードを渡さない。(他人に見せない)
・周囲の人にも注意を呼びかける(情報共有)


令和元年10月10日  ナンバー56

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 危機管理センター2階
電話:077-551-0109
ファックス:077-518-9833
Eメール

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2019年10月11日