防犯情報(令和元年11月6日)草津市で特殊詐欺(キャッシュカードの窃盗)被害発生

【発生年月日】
 令和元年11月5日

【被害者】
 草津市居住 無職 Aさん 52歳 女性

【被害状況】
 本年11月5日、Aさん方に、警察官を名乗る男から「銀行員2人を捕まえていて、この2人から情報が漏れています。」「偽のカードが作られたかもしれない。これまでのカードをストップします。」「救済法があるので、使わずにまとめてカードを保管しておく必要がある。」などと電話があり、これを信じたAさんは、自宅を訪れた警察官を名乗る男に言われるまま、封筒にキャッシュカードと暗証番号が書かれたメモ紙を入れ、印鑑を取りに目を離した隙に封筒をすり替えられ、同カード7枚を盗まれたもの。

【対策等】
「銀行から情報が漏れている」「キャッシュカードを保管しておく必要がある」「キャッシュカードを封筒に入れるので割り印が必要」などというような語話は全て詐欺です。このような事態があれば、必ず警察や家族に相談するなど、冷静に対応して下さい。また、周囲の人にも知らせ注意を呼びかけて下さい。

令和元年11月6日  ナンバー67

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 危機管理センター2階
電話:077-551-0109
ファックス:077-518-9833
Eメール

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2019年11月07日