軽自動車税の税制改正について

軽自動車税の税率(年税額)が変わります

 平成26・27年度税制改正において、軽自動車税の税率が引き上げられました。

原動機付自転車および二輪車等    



 原動機付自転車および二輪車等については、平成28年度課税分から下表の税率(年税額)に変更になります。

 

原動機付自動車および二輪車等の税率(年税額)
車種区分 平成27年度まで 平成28年度から
原付 50cc以下 1,000円 2,000円
原付 50cc超 90cc以下 1,200円 2,000円
原付 90cc超 125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー 50cc以下   2,500円 3,700円
軽二輪 125cc超 250cc以下 2,400円 3,600円
二輪小型自動車 250cc超 4,000円 6,000円

 

四輪以上および三輪の軽自動車

税率の変更

 四輪以上および三輪の軽自動車については、車検証の初度検査年月(最初の新規検査年月)によって、税率が異なります。

  • 車検証の初度検査年月が平成26年度以前の車両については、旧税率になります。
  • 車検証の初度検査年月が平成27年度以降の車両については、新税率となります。

   

 税率は、下記の表をご覧ください。

経年車への重課税率の導入

 上記にかかわらず、賦課期日(4月1日)現在で、車検証の初度検査年月より13年経過した車両については、平成28年度から重課税率が適用されます。

 (原動機付自転車および二輪車等には、重課税率の適用はありません。)

 

 

  • 平成28年度から重課税率の対象となるのは、経過措置(*)により、車検証の初度検査年月が平成14年以前の車両です。

(経過措置(*)ついては、下記のとおりです。)

  • 平成29年度から重課税率の対象となるのは、車検証の初度検査年月が平成16年3月以前の車両となります。

* 経過措置

 本来であれば、平成28年度から重課税率の対象となるのは、車検証の初度検査年月欄に「平成15年3月」以前の記載がある車両になりますが、車検証の様式変更が行われた平成15年10月14日以前に最初の新規検査を受けた軽四輪等については、初度検査年月の「月」の表記がないため、平成15年3月以前の取得か、4月以降の取得か車検証の記載内容で判断することができません。そのため、検査月の読み替えを行い、経年車への重課税率の適用について経過措置が図られました。 

四輪以上および三輪の軽自動車の税率(年税額)


四輪以上および三輪の軽自動車の税率(年税額)
車種区分

初度検査年月が

平成26年度以前

(旧税率のまま) A

初度検査年月が

平成27年度以降

(新税率) B

初度検査年月が

13年経過

(経年重課税率) C

軽三輪 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
軽四輪 乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
軽四輪 貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
軽四輪 貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円

新税率の適用年度について

  • 上記Bの新税率については、登録によるナンバープレートの交付を受けた日(車検証上の「交付年月日」)と賦課期日(毎年4月1日)の関係上、適用年度が以下のとおりとなります。

車検証の交付年月日と新税率適用年度
交付年月日 新税率適用年度
 平成27年4月1日    平成27年度課税分から適用
 平成27年4月2日以降    平成28年度以降の課税分から適用
  • 上記Cの経年重課税率については、初度検査年月から13年経過した車両について、平成28年度より適用になります。(燃料が電気、天然ガス、メタノール、混合メタノール、ガソリン電力併用の軽自動車および被けん引車は対象外)

 初度検査年月は、車検証をご確認ください。

車検証イメージ

                        きすきす233 きはしし         のすよ    

                                      

四輪以上および三輪の軽自動車にかかる軽自動車税のグリーン化特例(軽課)

 

 

 平成27年4月1日から平成28年3月31日までに新規取得した一定の環境性能を有する四輪以上および三輪の軽自動車(新車に限る)について、その燃費性能に応じて平成28年度のみ軽自動車税が軽減されます。

(この特例措置は、平成29年度以降、自動車税・軽自動車税における環境性能割の導入の際に、自動車税のグリーン化特例(軽課)とあわせて見直すこととなっています。)

対象及び軽課割合

軽乗用車
対象車 内容
電気自動車等 概ね75%軽減
H32年度燃費基準+20%達成車  概ね50%軽減
H32年度燃費基準達成車 概ね25%軽減
軽貨物車
対象車 内容
電気自動車 概ね75%軽減
H27年度燃費基準+35%達成車 概ね50%軽減
H27年度燃費基準+15%達成車 概ね25%軽減
  • 「電気自動車等」   電気自動車および天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)とする。
  • ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。

 

 

    

軽課を適用した場合の税率(年税額)

グリーン化特例(軽課税率)
区分

標準税率

(H27年4月1日~)

25%軽減

(H28年度)

50%軽減

(H28年度)

75%軽減

(H28年度)

軽三輪 3,900円 3,000円 2,000円 1,000円
軽四輪 乗用 営業用 6,900円 5,200円 3,500円 1,800円
軽四輪 乗用 自家用 10,800円 8,100円 5,400円 2,700円
軽四輪 貨物 営業用 3,800円 2,900円 1,900円 1,000円
軽四輪 貨物 自家用 5,000円 3,800円 2,500円 1,300円

軽自動車の登録・廃車などの手続き

 軽自動車などを取得、譲渡、廃車したり、住所が変わったときは、下表の場所で手続きをしてください。

 軽自動車税は、毎年4月1日現在で車両を所有(登録)されている方に年税額が課税されます。4月2日以降に廃車や名義変更をされても、月割課税の制度がなく、その年度分の軽自動車税を納付いただくことになります。

手続き先
車     種 申告(手続き)場所
  • 原動機付自転車(125cc以下)
  • 小型特殊自動車
  • 農耕作業用自動車
  栗東市役所税務課 
    電話 077-551-0106
  または、現在お住まいの市区町村
  • 軽二輪(125cc超 250cc以下)
  • 二輪小型自動車(250cc超)

居住市区町村管轄の運輸支局

滋賀県内にお住まいの方は、
 滋賀県運輸支局

   電話 050-5540-2064 (自動音声案内)

  • 軽三輪
  • 軽四輪

居住市区町村管轄の軽自動車検査協会

滋賀県内にお住まいの方は、
 軽自動車検査協会滋賀事務所

   電話 050-3816-1843 (コールセンター)

 

  • 原動機付自転車等の手続きに必要な書類等は、「原動機付自転車等の手続き」のページをご覧ください。
  • 軽自動車検査協会および運輸支局へは、事前に必要書類をご確認ください。
  • 「滋賀」ナンバーの軽自動車やバイクを県外で廃車・登録変更したときは、税止めの手続きが必要となります。
    くわしくは「税止めの手続き」のページをご覧ください。
この記事に関するお問い合わせ先
税務課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-0105(資産税係)
電話:077-551-0106(市民税係)
電話:077-551-0107(納税推進室)
ファックス:077-551-2010
Eメール
この記事に関するアンケート

みなさまのご意見をお聞かせください

このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見などがございましたら、ご記入ください。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記お問い合わせ先にお問い合わせください。

更新日:2017年03月24日