平成30年4月1日より、ペットボトルの出し方が変わります

ペットボトルはラベルをはがして出してください

 

これまでがラベルをはがさずに出してよいことになっていましたが、リサイクルしやすくするため、また、飲料メーカー等の努力により、ラベルが容易にはがせるようになったため、ペットボトルはラベルをはがして出してください。

 

ペットボトルの軽量化が進み、風力によるラベルの分離が難しくなっています。再生品の品質向上のため、ご理解・ご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

 

なお、平成30年3月31日までは移行期間となりますので、今からラベルをはがして出していただくよう、ご協力をお願いします。

 

◆ペットボトルの出し方

・中身を空にして、水で軽くすすぎ、つぶしてから出してください。

・レジ袋などに入れず、直接コンテナに入れてください。

・キャップとラベルはその他プラスチックごみで出してください。

 

更新日:2017年07月11日