第53回栗東市人権教育研究大会の開催について

更新日:2024年07月01日

大会テーマ 「差別の現実に深く学び、あらゆる人権問題の解決を自らの生き方に重ね、 鋭い人権感覚をもって、人権尊重の精神に満ちた実践的態度を育てよう」

   人権確立に向けての社会の潮流と歩調を合わせ、大会をとおして共に学びあい、それぞれの実践を交流し、「誰一人取り残さない」「誰もが幸せに生きられる」共生社会の実現をめざし、一人一人が日常の中で行動につなげていきましょう。そして、「差別をなくしていく自分」「差別をなくすための大会」という思いを大切にし、理解と認識を深め、あらゆる立場の人が「人権問題は自分の問題である」ととらえ、課題の解決に迫っていくことが重要です。

本市における保育・教育、PTA・地域・団体・行政などの社会教育の大きな実践交流の場として、本大会を開催いたします。

 

なお、分科会会場については、下記の「分科会一覧」をご参照ください。

 

【日時】

2024(令和6)年8月3日(土曜日) 13時00分から16時15分 [受付12時30分から]

 

【会場(全3会場)】

栗東市立葉山小学校、栗東市立栗東中学校、栗東市立大宝西小学校

 

【日程】

12時30分~13時00分   受付(各会場)

13時00分~14時30分   全体会

                            ・開会行事(映像による主催者あいさつ、来賓祝辞)

                            ・講演(映像による配信)

                                 講師:明石一朗氏(関西外国語大学教授)

                                 演題:「人権が守られる社会の課題と展望について~好感・共感・親近感が人権力を育む~」

14時45分~16時15分   分科会(分科会ごとに閉会)

 

【その他】

・分科会には、上靴を持参いただきますようお願いいたします。

・当日、朝7時時点で「暴風警報」または「特別警報」が発表されている場合は、本大会を中止とします。台風等により中止になる場合は、当日の朝8時ごろ、栗東市ホームページにてお知らせいたしますので、ご確認ください。