災害時の新型コロナワクチン集団接種の対応について

更新日:2022年06月03日

市民および従事者の生命および身体の安全を確保するため、災害時や警報が発令された場合、新型コロナウイルスワクチン集団接種を中止する場合があります。

集団接種を中止する場合は、市ホームページなどでお知らせします。

中止の基準

  1. 暴風警報、暴風雪警報および特別警報が発令されたとき
  2. 台風や局地的な大雨等、また避難情報の発令により、集団接種の実施が困難であるとき
  3. 震度5弱以上の地震が発生したとき

中止の判断時間

  • 1,2については、午前の接種は午前7時に、午後の接種は午前11時に判断します。ただし、判断時間以降および接種開始後も、必要に応じて中止の判断をするものとし、受付終了分については、原則、接種を行うものとします。
  • 3については、震度5弱の地震が発生した時点で接種を即座に中止し、避難誘導、安全確認・確保等の対応を行うものとし、地震発生以降、市域ならびに接種会場の被害状況を確認した上で、被接種者および従事者の安全が確保されると認められるまで、接種はすべて中止するものとします。

中止となった接種日の変更

1回目接種が中止となった場合

2回目予約まで完了している方

1回目接種が中止になった場合、中止となった日の3週間後以降に予定していた2回目分を1回目として接種してください。

2回目接種予約をしていない方

1回目接種が中止になった場合は、3週間後の同じ曜日、時間を1回目として接種します。

なお、被接種者自身で予約を取り直しされた場合は、再予約の日時で接種するものとします。

2回目接種が中止となった場合

2回目接種は、市で調整した日時で行います。

なお、被接種者自身で予約を取り直しされた場合は、再予約の日時で接種するものとします。

いずれの場合も、日時変更の連絡は、文書にてお知らせします。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

ワクチン接種推進室
〒520-3015
栗東市安養寺190
電話:077-554-6155
ファックス:077-554-6156
メール