令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金

「子育て世帯への臨時特別給付金」につきまして栗東市では、支給対象者のうち令和3年9月分の児童手当受給者(公務員を除く)の方に対して、令和3年12月24日に10万円の一括支給を行いました。

なお、高校生等の保護者(児童手当を受給している方を除く)、所属庁から令和3年9月分の児童手当を受給している公務員は申請が必要です。対象と思われる方への案内は令和4年1月14日に発送し、令和4年1月17日から申請受付を開始しました。

「子育て世帯への臨時特別給付金」について

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、0歳から高校3年生までの子どもたちに、1人あたり10万円相当の給付を行うこととされました。これを受けて栗東市では、「子育て世帯への臨時特別給付金」の支給を行っています(国制度)。

対象児童

  1. 令和3年9月分(令和3年9月に生まれた児童は令和3年10月分)の児童手当の支給対象となる児童
  2. 平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれの児童(高校生等)
  3. 令和3年10月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童手当の支給対象児童(新生児)

支給対象者

対象児童の保護者のうち、生計中心者(児童手当受給者もしくは令和2年中の所得の高い方)に支給されます。ただし、所得制限がありますので、詳しくはページ下部の「所得制限について」をご覧ください。なお、ご自身の所得額に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。

児童手当支給対象児童については、令和3年9月分の児童手当を受給している保護者(新生児については、児童手当が最初に認定された時点の保護者)、高校生等については令和3年9月30日時点の保護者が支給対象者です。

給付額

対象児童1人あたり10万円

申請について

申請が不要な方

  • 令和3年9月分の児童手当を栗東市から受給している方

令和3年12月16日(木曜日)に案内をお送りし、令和3年12月24日(金曜日)に児童手当の受給口座に振り込みました。通帳には「リツトウシコソダテリンジキユウフキン」と記載されています。

  • 令和3年10月1日から令和3年12月31日までに生まれた児童手当の支給対象児童の保護者で、その児童の最初の児童手当の認定を栗東市で受けた方。

令和4年1月14日(金曜日)に案内をお送りし、令和4年1月26日(水曜日)に児童手当の受給口座に振り込む予定です。通帳には「リツトウシコソダテリンジキユウフキン」と記載されます。

申請が必要な方

  • 平成15年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた児童を養育している方(他に対象児童を養育しており、令和3年9月分の児童手当を栗東市から受給している方を除く)
  • 所属庁から令和3年9月分の児童手当を受給している公務員
  • 所属庁から令和3年9月1日から令和3年12月31日までに生まれた児童分の児童手当を受給している公務員
  • 令和4年1月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童手当支給対象児童(新生児)の保護者

対象と思われる方への案内は令和4年1月14日に発送し、令和4年1月17日から申請受付を開始しました。ただし、単身赴任などで栗東市にお住まいで対象児童と別居されている方など、市で対象児童と保護者の関係を把握できない場合は案内をお送りできませんので、このページに掲載している申請書をご利用いただくか、栗東市役所1階子育て応援課窓口で申請してください。

また、対象児童の保護者のうち、生計中心者が栗東市以外にお住まいの場合は、生計中心者がお住まいの市区町村に申請してください。(児童手当の受給者の場合は、児童手当を支給している市区町村からこの給付金が支給されていますので、手続きは不要です。ただし、所属庁から児童手当を受給している公務員の場合は申請が必要です。)

また、令和4年1月1日以降に生まれた新生児の保護者は、児童手当の認定請求または額改定認定請求の手続き時に子育て応援課窓口で合わせて申請を受け付けています。なお、所属庁に児童手当の認定請求または額改定認定請求の手続きをされた公務員は、別途、子育て応援課にて「子育て世帯への臨時特別給付金」の申請を行ってください。

申請方法

次の書類を栗東市役所子育て応援課に提出してください。郵送での申請のほか、子育て応援課窓口での申請も可能です。

  • 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金申請書
  • 申請者本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(コピーは表面のみ。通知カードは不可)などのいずれかのコピー)
  • 受取口座(申請者名義の口座に限ります)の確認ができる書類の写し(通帳見開きの金融機関・支店・預金種別・口座番号・口座名義が記載されているページのコピー、通帳がない場合はキャッシュカードの支店番号・口座番号・口座名義が記載された面のコピー)
  • (所属庁から児童手当を受給している公務員のみ)児童手当額が記載された令和3年10月の給与明細書など、令和3年9月分の児童手当を受給していることが分かるもののコピー。なお、令和3年9月1日から令和3年12月31日までに生まれた新生児がいる場合は、児童手当認定通知書のコピーまたは児童手当額改定通知書のコピーを添付してください。令和4年1月1日以降に生まれた児童のみの場合は、児童手当を受給していることが分かるもののコピーは不要です。
  • (申請者と対象児童が別居している場合のみ)対象児童の世帯の住民票の写し

なお、公務員の添付書類の給与明細書について、児童手当に関係のない箇所は黒で塗りつぶすなどしていただいてもかまいませんが、支給年月、氏名、職場名は消さないでください。

申請書送付先

〒520-3088 滋賀県栗東市安養寺一丁目13番33号

栗東市役所 子育て応援課 宛

申請期間

令和4年3月31日(木曜日)まで(必着)。ただし、令和4年3月1日から令和4年3月31日までに生まれた児童分は、令和4年4月15日(金曜日)まで(必着)。

支給時期

各月の月末までに申請のあった分について申請内容を審査した後、翌月16日頃に、申請時に指定された口座に振り込む予定です。通帳には「リツトウシコソダテリンジキユウフキン」と記載されます。

なお、振込先として指定できるのは申請者名義の口座に限ります。児童名義や配偶者名義の口座への振り込みはできません。

  • 令和4年1月末までの申請分 令和4年2月16日頃に支給予定
  • 令和4年2月末までの申請分 令和4年3月16日頃に支給予定
  • 令和4年3月末までの申請分 令和4年4月18日頃に支給予定

令和3年9月以降に転居された方へ

「子育て世帯への臨時特別給付金」を支給する市区町村は次の通りです。高校生等分・新生児分・公務員の申請手続きにつきましては、それぞれの市区町村にお問い合わせください。

児童手当支給対象児童分(公務員を除く)

令和3年9月分の児童手当を支給した市区町村

高校生等分および公務員

令和3年9月30日時点でお住まいの市区町村

新生児分

最初の児童手当の認定を行った市区町村(公務員については最初の児童手当が認定された時点でお住まいの市区町村)

配偶者からの暴力(DV)により、子どもとともに避難している方へ

配偶者からの暴力(DV)を理由に子どもとともに栗東市に避難している方で、令和3年9月分の児童手当の支給を配偶者(DV加害者)が受けている場合についても、栗東市で「子育て世帯への臨時特別給付金」を受けることができる場合がありますので、お早めにご相談ください。

所得制限について

令和2年中の所得が、令和2年12月31日時点の扶養親族等の数に応じて下表の所得額以上の場合、「子育て世帯への臨時特別給付金」の支給対象外となります。なお、ご自身の所得額に関するご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。

所得制限表

扶養親族等の数 所得額 給与所得者の収入額の目安
0人 6,220,000円 8,333,000円
1人 6,600,000円 8,756,000円
2人 6,980,000円 9,178,000円
3人 7,360,000円 9,600,000円
4人 7,740,000円 10,021,000円
5人 8,120,000円 10,421,000円
  • 扶養親族等の数は、税法上の同一生計配偶者および扶養親族(施設入所等児童を除く。以下、「扶養親族等」という。)ならびに扶養親族等でない児童で令和2年12月31日において生計を維持した人数をいいます。
  • 扶養親族等が70歳以上の同一生計配偶者または老人扶養親族に該当する場合は、1人につき6万円を所得制限額に加算します。
  • 扶養親族等が6人以上の場合は、5人を超えた1人につき38万円(扶養親族等が70歳以上の同一生計配偶者または老人扶養親族であるときは44万円)を所得制限額に加算します。
  • 令和2年中の所得で判定します。
  • 「所得額」とは、市町村民税に係る総所得、退職所得、山林所得、土地等に係る事業所得等、長期譲渡所得および短期譲渡所得(譲渡所得に係る特別控除を受けた場合は、その額を控除した額)、先物取引に係る雑所得等、特例適用利子等、特例適用配当等、条約適用利子等、条約適用配当等の合計金額から8万円(児童手当法施行令に定める定額控除)を差し引き、さらに市町村民税について一定の控除を受けた場合には、その控除の種類に応じ定められた額をそれぞれ差し引いた額をいいます。控除の種類と控除額については下記の表をご覧ください。 
  • 給与所得または雑所得(公的年金等に係るものに限る)のある方は、給与所得金額および雑所得金額の合計から10万円を控除した額で判定します。
控除の種類と控除額
控除の種類 控除額
定額控除(社会保険料相当額) 一律80,000円
雑損控除、医療費控除、小規模企業共済等掛金控除 控除相当額
障害者控除 1人につき270,000円
特別障害者控除 1人につき400,000円
ひとり親控除 350,000円
寡婦・勤労学生控除 270,000円

「子育て世帯への臨時特別給付金」に関する「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください

ご自宅や携帯電話などに栗東市役所から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに栗東市役所または警察にご連絡ください。

お問い合わせ

栗東市役所 子ども青少年局 子育て応援課(平日 8時30分から17時15分まで)

電話:077-551-0114

ファックス:077-552-9320

内閣府 コールセンター(土日祝を含む9時00分から20時00分まで)

電話:0120-526-145

関連ホームページ

この記事に関するお問い合わせ先
子育て応援課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-0114(子育て支援係、児童・家庭福祉係)
電話:077-551-0300(家庭児童相談室)
電話:077-551-2370(地域子育て包括支援センター)
ファックス:077-552-9320
ファックス:077-551-2330(地域子育て包括支援センター)
Eメール

更新日:2022年01月21日