市制施行20周年記念式典 パンフレット表紙デザイン

市制施行20周年記念式典のパンフレット表紙デザインを栗東高校美術科の生徒さんにお願いしたところ、生徒たちがそれぞれ栗東市をイメージした作品を作成してくれました。

多数の作品の中から選ばれた最優秀賞作品は、市制施行20周年記念式典のパンフレット表紙としてデザインを採用いたします。

また、令和4年2月12日(土曜日)に行われる市制施行20周年記念式典において、最優秀賞作品の制作者である 小島 結愛さんを表彰します。

 

作品を制作いただいた栗東高校美術科のみなさん、ありがとうございました。

最優秀賞

最優秀賞

1年 小島 結愛
一目見てすぐ、栗東市をイメージしたデザインだと思ってほしかったので、競走馬を育てているトレーニングセンターがあるので馬。馬が身につけているゼッケンに市章。マスコットキャラクターのくりちゃん。市の木の貝塚伊吹、花のキンセンカ、鳥のメジロなどを描きました。
 

優秀賞

優秀賞1

1年 清永 凪海
私は、市役所を背景にカサブランカというユリの花を描きました。市役所という建物は市の顔というイメージがあったので、大きくパッと見てわかるようにと描きました。またカサブランカは、「祝福」という花言葉を持っており、20周年にぴったりということで描かせてもらいました。栗東にもユリなどの花や自然が多いのでイメージにも合っていて、良かったかなと思いました。そんな意味を持つカサブランカに、これまでの栗東の歴史などがきざまれているという意味をもって馬たちは描きました。馬達は色合いも工夫しました。馬は空をイメージし、水色に、大野神社は緑が多いので緑。安養寺は、紅葉がきれいなので赤っぽい色にしました。全体的にきれいなイメージになるようにさっぱりと、でもまとまりのある色づかいにしました。とくにこだわったところは、細かくきれいに描くということです。1つ1つをていねいに仕上げていきました。
 

優秀賞2

1年 松裏 心琉
この絵の中の鳥、花、木は、市の鳥であるメジロ、市の花であるキンセンカ、市の木である貝塚伊吹です。市のキャッチコピーである、ひと・まち・環境とともに育む『健やか・にぎわい都市』栗東を意識して、これからもこの栗東がますます盛り上がってほしいという思いから、羽ばたくメジロをかきました。
キンセンカはこれまで栗東市を支えてきた多くの方々、貝塚伊吹は自然にかこまれたあたたかいこの栗東市をイメージしています。わたし自身、数年前に引っ越してきたばかりですが、自然にあふれ、にぎやかですてきな栗東市がすぐに大好きになりました。私たちをすぐそばで見守り、そして共に成長していく栗東市。これからもこのあたたかい幸せと共にあふれるよう、心から願ってこの絵をかきました。
 

優秀賞3

1年 高谷 俐々可
この絵は、栗東市で過ごす日々を飛び出す絵本の1ページで表現しました。
栗東市の特色を取り入れて絵本に描かれている場所が栗東市であることが分かるようにし、人を描くことでにぎやかな町の様子を表しました。そして市制20周年をおめでたいと思う気持ちと、これからも良い町であり続けて欲しいという希望を込めて、虹を描きました。全体的に見て緑を基調とした絵なのは、栗東市が自然豊かで自然と共に暮らしているということを表したかったからで、絵本の中に町を描いたのは、次のページをめくればまた新しい栗東市に変わって、前のページに戻れば、今までの栗東市を振り返って見て、町の発展に活かして栗東市がより過ごしやすい町になっていくことができるなという思いがあったからです。
これからも、栗東市で過ごす日々が素晴らしいものであり続けて欲しいと思い、この絵を描きました。

(高谷さんの「高」の漢字は、正しくは「はしごだか」です。)

佳作

佳作1

1年 杉浦 美樹

私が描いたデザインには3つのアピールポイントがあります。1つ目は自然や生き物を取り入れ、自然豊かでのどかな雰囲気を表した所です。そのために緑系統の色を多く使って彩色しました。2つ目は栗東市の有名な歴史遺産や観光地などを取り入れたところです。特に工夫したのは九品の滝の流れに乗っている狛坂磨崖仏を描き、水しぶきで勢いを出した所です。3つ目は背景の色付けです。たんに一色だけで彩色するだけだとパッとしないなと思ったので作品画面の中心に向かって何色かの線を引きました。そうすることで中央にある栗東市役所を際立たせました。4つ目は配置です。画面いっぱいに描き過ぎても一番目立たせたいものが曖昧になるし、逆に画面に空きがありすぎても全体的に殺風景になってしまうので、丁度いいくらいに建物などを配置し背景との比率を考えました。
これらの工夫で栗東市らしさを表現しました。

佳作2

1年 梅村 紗弥
私はこのパンフレットを春夏秋冬をイメージして作りました。左上から桜満開の大宝神社、右上は、木がおいしげる金勝寺。左下は、紅葉がきれいな、安養寺。そして冬をイメージしたササユリです。春夏秋冬をイメージした理由は、春でも夏でもどの季節でも栗東市は、すごいぞっ!!というので作りました。
真ん中に市役所をおいた理由は、栗東市の象徴だと思ったからです。ふちを白で囲った理由は、ササユリの花言葉でもある「上品」さをだすために白にしました。
 

佳作3

1年 小井 帆乃実
この絵を見た時に、栗東っていろんな場所や物などがあるんだなと思ってもらえるように、栗東といえばこれだ!というものをたくさん書き込みました。この絵を通して、栗東の知らなかったすてきな部分を、知って、見て、実際にその場所に訪れてみるという人が少しでも増えてくれたらうれしいなと思います。
たくさんの人に見ていただけるように一番こだわったのは色です。とにかく色を濃くして、見る人の印象にずっと残っておけるような色の感じが出るように努力しました。また、色の他にも物の配置の仕方や背景などにもこだわりました。
 

佳作4

1年 上田 美緩
私がこの作品の中に描いたのは、栗東市役所と馬と金勝寺にある仏様とエビせんべいとイチョウ通りを思いうかべて描きました。
そして中にミニキャラがいるのですが、一人一人の個性をあらわすようにもようがバラバラにして描きました。
ポップ感のある作品にして楽しい栗東市があらわせるように色々と工夫をして描いてみました。
これからもこんな楽しい栗東市が続くよう願っていきたいです。
 

この記事に関するお問い合わせ先

秘書広報課(秘書)
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所3階
電話:077-551-0102
ファックス:077-553-1280
Eメール

更新日:2021年10月01日