自殺予防について

更新日:2023年04月03日

自殺の現状について

 全国の自殺者数は平成10年に大きく増加し、年間3万人を上回り、その後は年間3万人程度で推移していました。平成20年ごろから減少傾向にあり、これまで10年連続で減少していましたが、令和2年は11年ぶりに増加に転じました。特に女性や若年層(20代、小中高校生など)の増加が目立つなど、多くの尊い命が自殺によって失われています。

自殺の原因について

 自殺の原因は、「健康問題」、「経済、生活問題」や「家庭問題」が多くなっています。
 また、さまざまな要因が重なることで、ストレスが心身に影響を及ぼし、うつ病などの心の病気を引き起こし、自殺に追い込まれることがあります。

ひとりで悩まず、相談してみませんか?

いろいろな相談窓口について

いのちの電話、自殺予防電話相談のほかにも、こころやからだ、人権、仕事や暮らし、学校、ひとり親家庭、DVの悩み、発達に関することなど、さまざまな相談の窓口があります。

 

相談窓口は、下にある「相談窓口一覧~ひとりで悩まず相談してみよう~」や「厚生労働省特設ページ(まもろうよこころ)」をご覧ください。

 

※一部相談窓口の変更があります(令和5年8月~)

上の相談窓口一覧の表面に記載のあります「滋賀県自殺予防電話相談」と「こころの電話」は令和5年8月1日より統合され、次のとおり変更されますので、ご注意ください。

現行(~令和5年7月31日)

相談窓口名

滋賀県自殺予防電話相談

こころの電話

電話番号

077-566-4326

077-567-5560

相談時間

9:00~21:00

(年末年始を除く毎日)

  • 10:00~12:00
  • 13:00~21:00

(平日月~金)

変更後(令和5年8月1日~)

相談窓口名

こころの電話

電話番号

077-567-5560

相談時間

  • 10:00~12:00 13:00~21:00

(年末年始を除く毎日)

LINEやオンラインチャットなどのSNSで相談ができる団体を掲載しています。

年齢、性別にかかわらず相談できます。

自殺予防の取り組みについて

 国では、自殺はその多くは追い込まれた末の死であり、その多くが防ぐことができる社会的な問題であるとして保健、医療、福祉、教育、労働そのたの関係施策と連携を図り、総合的な自殺対策を推進していくこととしています。

 

栗東市では、平成31年3月に策定しました「栗東市自殺対策計画」に基づいた取り組みを行い、「だれも自殺に追い込まれることのない安心のまち」の実現を目指しています。

自殺予防に関する啓発活動について

栗東市では、毎年9月の国際自殺予防デーから始まる自殺予防週間や、3月の自殺対策強化月間などにあわせて、心の健康づくりや自殺予防に関する普及啓発活動を実施しています。

 

9月10日~9月16日
自殺予防週間にあわせた普及啓発活動。(啓発品の配布、横断幕の設置)

3月1日~3月31日
自殺対策強化月間にあわせた普及啓発活動。(ポスターの掲示、チラシの配布)

滋賀県自死遺族の会「凪の会おうみ」

たいせつな人を自死で亡くした遺族が語り合う「分かり合いの会」を開催します。

日時 毎月第3土曜日 14:00~16:00(受付 13:30~)

予約不要

場所 アクティ近江八幡 2階 研修室

(近江八幡市鷹飼町南4丁目4番5号)

参加費 300円

令和5年度滋賀県自死遺族の会「凪の会おうみ」開催日程(PDFファイル:337.4KB)

詳しくは凪の会おうみのホームページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

障がい福祉課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-0113(障がい福祉係)
電話:077-551-0304(相談支援係)
ファックス:077-553-3678
Eメール

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか?
このページは見つけやすかったですか?
このページについてのご意見がございましたら、ご記入ください。
こちらのフォームに入力された内容に関して、回答はできません。
回答が必要な場合は、電話、ファックス、Eメールなどで上記にお問い合わせください。(フォームには個人情報を記載しないでください)