子ども医療費助成制度について

制度の概要

市では、小中学生については、入院医療費を対象に助成を行ってきましたが、さらなる子育て世代の経済的負担の軽減を図るため、令和2年4月診療分から助成範囲を小学1年生~3年生の通院医療費まで拡大します。
助成を受けるには、受給券が必要です(要申請)。
申請は郵送でも受け付けます。

対象となる時期

令和2(2020)年4月診療分から対象

対象者

栗東市内に住民票がある小学1年生から小学3年生(当該年度中に満7歳、8歳、9歳になる人)

(注意)所得制限はありません。

 

助成対象とならない方

・ほかの福祉医療費助成制度(障がい者、ひとり親家庭)を受けている方

・生活保護を受けている方

・児童福祉施設に入所している方(医療費が公費負担されている方)

※上記の方は現在受けている制度が優先となります。

助成の内容

保険診療内の一部負担金(3割)の一部を助成します。

外来:1診療報酬明細書当たり500円

入院:自己負担金なし

※調剤は自己負担金はありません。薬局で保険証と受給券を提示してください。

 

助成の対象外

・保険診療外の自己負担額

(健康診断、予防接種、薬の容器代、入院時の室料差額、食事代、特殊な歯科の材料費、各種文書料、紹介状なしで大病院を受診する場合にかかる選定療養費など)

・高額療養費、附加給付金相当額

・肝炎治療特別促進事業にかかる自己負担金

・交通事故等、加害者のある傷病にかかる治療費 など

☆小学4年生~中学3年生までについては引き続き、入院医療費のみ助成します。受給券はありません。医療機関で保険診療分を支払った後、領収書などを持参して保険年金課で払戻し申請をしてください。

子ども入院医療費助成制度

申請方法

受給券の交付申請をしてください。
新年度から助成対象となるお子様宛てに毎年1月に申請案内を送付します。
申請にあたり、ご不明な点があれば下記までご連絡ください。 

必要書類

1.お子様の健康保険証

2.認印(朱肉でつくタイプのもの)

3.申請書 (市役所に備え付けています。また、ホームページからもダウンロードできます。)

4.来庁者の本人確認書類(運転免許証など)

 郵送で申請される場合は記入・押印済みの申請書と健康保険証のコピーを保険年金課福祉医療係宛にお送りください。

申請を受付後、順次受給券を発行します。

福祉医療費受給券(子ども医療)

受給券(イメージ・オレンジ色)

受給券の利用方法

県内の場合

健康保険証と受給券を受診(調剤)時に提示してください。

県外の場合

受給券は利用できません。償還払(医療機関で自己負担金3割を支払った後、申請により後日払戻し)による助成となります。

関連リンク

「子ども福祉医療助成制度」以外の福祉医療助成制度については下記リンク先をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
保険年金課
〒520-3088
栗東市安養寺一丁目13番33号 栗東市役所1階
電話:077-551-1807(国民健康保険係)
電話:077-551-0361(高齢者医療係)
電話:077-551-0316(福祉医療係)
電話:077-551-0112(年金係)
ファックス:077-553-0250
Eメール

更新日:2021年04月30日